FC2ブログ

穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オバマ激おこ


アメリカ オレゴン州の短大で、またも銃乱射。

10人が死亡 20人がけが。

ある意味救いようのない国だな。


アメリカが銃社会から抜け出せない理由は以前の記事でも書いた。

銃の規制すらできない国が、北朝鮮に核兵器作るなといったところで

寝言は寝てから言えとなる。


じゃあなんで銃社会になってしまったか。



まあだいたいこんな感じでOKだとおもう。


今回のオレゴン州での事件。 犯行理由がまたアメリカでは根深い問題。

キリスト教なら立てと命じ「キリスト教ならすぐに神に会える」と言って立ち上がった学生を次々に撃った。



アメリカでは裁判などで証言する場合、聖書に誓うと宣誓したりするよね。

私は仏教だから断るとか言ったらどーなるんだろ?


あの国はキリスト教徒の白人のものという意識が非常に根深い。大統領が黒人だろうとね。

だから戦争の口実に「邪悪なイスラムのテロリスト」というイメージ操作をした。

まあテロ側も都合よく「アッラーは偉大なり」とか犯行声明に付け加えちゃうもんだからドツボにはまるわけだが・・・


ともあれアメリカの銃社会は絶対に解決しない。

もう手遅れだ。

所持していれば使いたくなるやつも出てくるわけで

違法なハンティングやら今回のように乱射するバカも、そりゃ出てくるよね。

120兆円も投入してる軍事費を使って銃を買い取る。

それでも無理かな。



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2015/10/03(土) 00:59:41|
  2. 何様語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<生活保護 | ホーム | ワーゲンは耐えられるのか>>

コメント

こんにちは!
これってボウリング・フォー・コロンバインの一場面でしたっけ?(間違っていたらすみません)。
矛盾だらけの国ですよねアメリカって。若い頃、クンタキンテでお馴染み?のROOTSを見た時は、黒人奴隷が受ける不条理さに心底頭にきたものです。黒人が公民権を得たのが60年代、MTVで黒人音楽が流れるようになったのも、マイケル・ジャクソンが登場する80年代初頭で、まだ四半世紀も経ってないんですよね。制度上は公平にしても、見えない差別は今後も無くなる気配がありませんし・・・。拳銃なんかは今や設計図が出回っていて、鍋で材料溶かして型に流し込んだり、3Dプリンターで模造が可能。自由=身勝手が身上の彼らに銃の無い社会の構築など無理、全然想像がつきませんw
  1. 2015/10/03(土) 15:29:28 |
  2. URL |
  3. 蝦夷METAL #QvfgIWC6
  4. [ 編集 ]

蝦夷METAL様

コメントありがとうございます。
個人的にはあまり表に出てこないネイティブアメリカンの今も続く迫害のほうが気に入らんです。
保護区と称して隔離したりしてますからね。多人種国家になると良くわかる白人至上主義と言ったところでしょうか。
まあそれはともかく、どんな人種であろうが子供が殺されるということに怒りを感じます。
シリアではまた空爆が始まりましたが、すでに民間人の被害が報告されていますしね。
彼らの求めてるものは自由じゃなくて権利ばかりです。
  1. 2015/10/03(土) 16:47:56 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

とてもわかりやすく、それでいて 狂気を感じる映像でしたね。

アメリカの銃社会の問題と言われ、思いつくものに「日本人留学生射殺事件」がありました。
ハロウィンで日本人が訪れる家を間違えてしまっただけで、銃で撃たれて殺されてしまう。さらには、刑事裁判で加害者は陪審員(ほぼ白人)の全員一致で無罪判決となったと聞きます。
後の民事裁判で有罪になったとはいえ、なんとも腑に落ちない判決でしたね。

こんなことがあって、銃規制の法案が提案されてもなお、法案の否決が繰り返されるアメリカ。
そんな国の銃社会が終わる日は、どんなにオバマ大統領が力を入れても先の話になるのではないかと感じます。

本日も勉強させていただきました。更新お疲れさまです!
  1. 2015/10/03(土) 21:33:58 |
  2. URL |
  3. 牛歩の人 #-
  4. [ 編集 ]

牛歩の人様

コメントありがとうございます。
ハロウィンの事件は私もよく覚えています。 またその前後にも子供が射殺されたりした事件もありましたね。
アメリカでは自分の土地に無断で侵入した場合、警告なしに撃ってもいいらしいです。
まことに恐ろしい国ですね。いま、銃規制が盛んに騒がれていますが、他人が持つことに不快でも、自分が手放すことには抵抗を感じるという動画の通りのビビりーなのです。
  1. 2015/10/04(日) 00:26:56 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ieneko0908.blog.fc2.com/tb.php/250-df44935a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (8)
寝言 (15)
愚痴 (7)
何様語録 (287)
GOD (4)
しね (7)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。