穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日テレが怒ってます

NNNから産経への抗議文

2015年10月放送のNNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」について

産経新聞は「惨殺写真に裏付けなし」と報じた。

この産経報道に対しNNNが厳重なる抗議をした。 ←今ここ


産経側の主張もわからんではない。 

まあ写真だけを根拠とするなら無理があるからね。


私の意見は過去記事にも書きましたが、今回NNNが取材した通り

南京虐殺はあったとしか思えない。

日本は敗戦国であり、一方的に裁かれたので、あえて「虐殺」です。

戦勝国ならあるいは「大討伐」だったかもしれない。


人数に関しては1万2千人。30万人というのは盛りすぎだな。

これは戦果報告として残る資料に記されているので、大目に盛った可能性はあれど

お手柄(当時はそうとらえていた)の報告なので過小報告はしないだろう。

そして東京裁判でも南京裁判でも指揮した軍人は死刑になっている。

死刑になるようなことをあえて戦果報告するのだろうか。



100%なかったと主張する極右の人は絶対に認めない。

対して極左の人は20万だ30万だと増え続ける犠牲者に疑問を持たない。または思考停止。


戦争なんてものは狂気の世界ですよ。

あちこちにバラバラになった人間が腐って異臭を放ち転がっている。

そんな中で2万7000人を捕虜にしたはいいが、いつ反撃されるか心配しない指揮官のほうがヤバい。

収容7450 釈放7850 不明172 処断約12000 これも記録に残っている。

この数字を見て何を思うか。 戦闘不能の人数ではない。




捕虜にするのを放棄し、射殺したなんてあの当時の戦場では珍しいことではなかっただろう。

捕虜にしたとて「飯が足りねー」とかで虐待行為。東京裁判で有罪なんて例もある。

白旗振りながら撃たれた日本兵だっていっぱいいる。 勝てば官軍ってこと。



事実は事実。 この一件で1万2千人が死んだ。

これを戦闘行為と判断するか、不要な殺戮と見るか。 

そんなもん立場が変われば変わるのは当たり前で

いつまでたっても平行線なのだ。



書きたいことや、紹介したい資料が多すぎて一向にまとまりません・・・

もう一度まとめなおしたいのだが、もういいよという気持ちもある。

私の意見としては「後に虐殺とされた戦闘および処刑行為はあった」

しかし「中国が主張する内容とは規模も背景もぜんぜん違う」てな感じかな。

もっと言えば一方的な主張で選ばれたユネスコ平和遺産などに価値はない。




南京事件 兵士たちの遺言 投稿者 tvpickup


残念だが南京事件はあった~当時の陣中日記から(2008年放送... 投稿者 1933takiji

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2016/11/01(火) 07:00:32|
  2. 何様語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蓮舫国籍問題  ついに書く! | ホーム | 3.11はまだ終わらない。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ieneko0908.blog.fc2.com/tb.php/277-6fcaf63a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (8)
寝言 (15)
愚痴 (7)
何様語録 (287)
GOD (4)
しね (7)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。