穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほんとに想定外じゃ済まないかもしれませんよー


今月20日にはアメリカ大統領がトランプ氏に代わりますね。

なので在日米軍の在り方が変わるかもしれません。

そーすると中国と日本の関係、特に領海近辺でのいろいろが変わるかもしれませんね。

近平ちゃんの新年のご挨拶「領土主権と海洋権益を断固として守る。誰であろうが、言いがかりをつけるのを中国人は断じて許さない」だってw

さらに、北朝鮮では金正日死去から5年の節目。 つまり正恩が国家代表になって5年。

さらにさらに金日成の生誕105年という5年がらみの節目だらけ。

あの国、節目には花火の代わりになにかやらかすのがデフォ。

なんて書いてる途中で正恩氏から新年のご挨拶。

「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射準備が「最終段階に達した」だってさw 

なにも元旦一発目に・・・

そして韓国は政権交代確定。

いつ何が起きてもおかしくない。  起きない確率のほうが高いとは思いたいが起きてもおかしくない。

東アジアは不安定な時期に突入したのは事実なのです。




両極化&無関心

ここ1,2年で感じるのは右傾左傾の両極化。

それ以外は無関心なだけという極端な3極化とでも言いましょうか。

なんでこんなことになってしまったんでしょうね。


スイス民間防衛白書なる書物があります。

スイス政府が国民に配布している書物なのですが、この本に武力を使わない他国の侵略について書いてあります。

第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」某政党とか宗教団体とかね

第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」朝日とか電通とかね

第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」歴史認識とかね

第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」戦争法反対デモとかね

第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」日教組とか教科書問題とか近代史の簡略化とかね

最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」あーね

なんかもう最終段階の気配。

侵略しようとしてる人と気付いてる人と洗脳されちゃったひとの3極化なんじゃね?

日本国籍すら持たない工作員が国会議員、一時期は政権政党だったという間抜けっぷり。

不幸にも東日本大震災でダメ政党が露見され日本は救われたのかもしれません。



戦争責任

日本人にとって戦争責任と言えば「東京裁判」のイメージが強いのでは?

日本が敗戦国になって見せしめ裁判によって戦争責任が問われたわけですが

じゃあさ、たとえば戦争責任の本質として、日本が受けた損失について日本が裁判したとしたら誰を裁く?

天皇? 東條英機? 山本五十六? 武力戦争をして損害が発生したということならそうでしょう。

某政党や学生デモ主導団体が言うように、無抵抗を貫いて損害が発生した場合はどうでしょう。

やはり同じように「なんで防衛行動の決断をしなかったのか」と裁かれると思うよ。

外交にしても戦闘にしても負ければ誰かが責任を負う。

そして無抵抗というのは勝てる(生き残れる)可能性を放棄したということ。極論だけど近い意味はあると思うよ。

SEALDsが言ってましたね「戦争はしたくない!」って。

どこのだれが戦争したいのか逆に聞いてみたいのだ。

仮に安倍政権下で戦争が勃発して、勝っても負けても被害に対しての責任は政権が負うことになるんだ。

それでもアムロは言いました。「いやだけど・・・ いかないといけないんでしょ!」とね。

生き残る準備、守る準備から逃げちゃいけないし、もう逃げれない。



在日米軍

沖縄の負担はよくわかる。 便乗してるバカは置いといて沖縄県民の一部に感情的な歴史があるのも無理はない。

だけどね、今はまだ米軍の存在がなければ日本はダメだと思う。 たとえ犬と言われようがね。

先に書いたアジアの不安定についてもそうなのだが、やはり日米はお金を払ってでもベタベタの仲良しという体を保たないとダメ。

未来永劫、日米は同盟国なんてどこにも保証はないのだから。

そしてありがたいことに、在日米軍の中に「ジャップを利用してやってる」なんて思いはほぼない。

どちらかと言えば「守ってあげている」という意識があるということ。 これがどれだけありがたいことか。

しかも「平和憲法がー」とか騒いでいるおバカさんたちが崇める憲法九条は

この在日米軍の傘の下で生えてるモヤシのようなものなのだから。

少なくとも現状の日本の防衛力は在日米軍も組み込まれての機構だと、理解してほしい。

よく考えてほしいんだ。 米軍を日本から追い出そうとしているのはスイス民間防衛に書かれている何かに似てないかい?


外交というもの

オバマ大統領が広島に来て、安倍首相がハワイに行って

これについてグダグダ言う人もいますが、これ外交上の儀礼ですからね。 それもわからないバカは中学生からやり直しです。

首脳同士がいくら和解と終焉を唱えたとて、奇襲をかけられた国の怒りや原爆落とされた恨みは消えないのはあたりまえである。

すべて本音だけでやり繰りできるなんて幻想は捨てたほうがいい。友人とだって本音と建前は存在するのだ。

こうやって一件意味のない儀式を他国に見せることによって周囲の脅威に対して威嚇しているのですよ。

俺ら同盟国だからね!って。

じゃあなんでこの建前の儀式を韓国とはできないのか。

たとえば慰安婦像をわざわざアメリカに設置させて、ニューヨークタイムズに宣伝まで打って

アメリカ国民の日本に対する感情を悪化させて得するのは?  そう、中国だね。

これを中国がダイレクトにやっちゃうとバレちゃうから韓国の存在がある。

だから終結宣言されちゃ困る。そして朴大統領は政治から抹殺されそうになってるのが今だよね。





想定外だったというのだけはホントに勘弁していただきたいのですよ。

今年もまた無事に一年を過ごしたいだけなのでございます。 できれば孫の世代のもっと先まで。

「あのときおじいちゃんたちは、日本を守らなかったから中国語のテストがあるんだね」なんてまだ見ぬ孫に言われたくないのです。

あるいはまだ見ぬ孫に下水道の秘密基地でゲリラ活動をさせたくないのでございます。

ロウソクの火の下、旧式のライフルを肩にかけ作戦会議をするまだ見ぬ孫を想像したくないのでございます。

スラムと化したネオトウキョウの4畳半でまだ見ぬ孫に時限爆弾を作らせたくはないのでございます。



変な方向に向かい始めたので、今日はここまで。




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2017/01/02(月) 07:00:00|
  2. 何様語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<テスラ自動運転(自爆機能つき) | ホーム | あけましたね。>>

コメント

明けましておめでとうございます

引き続き勉強させて頂きます
倫理、道徳は何処へいったのでしょうか
酒は十歳から
煙草は中二から
それは確かに不良と呼ばれましたが
腕に覚えがあったわけではないのに
暴力沙汰で何度も警察にお世話になりました
しかし
人の道を説いてくれたのも
そんな不良どもでした
人道には則っていたからです
悲しい世の中になりました
おぞましいエゴが蔓延りました
ひとつずつ
取り除くほかありません

負けて堪るかは今年も続けます
あはは。
  1. 2017/01/02(月) 16:29:55 |
  2. URL |
  3. はしびろこう・ウナ #-
  4. [ 編集 ]

はしびろこう・ウナ様

あけましておめでとうございます。 
今年もよろしくお願いいたします。

倫理観や道徳観というのはある意味日本的な感覚ですよね。
諸外国の多くは神の名のもとに間接的なその価値観をなんとか保っているようにも思えます。
そしてその神すらも焼くか煮るかすれば食べれると思っている国が隣に3国もあるというのが日本の不運なところです。
その不運な中にも海というお堀があることに感謝しつつ、無断で渡ろうとする者は絶対に許さないという意思表示は必要だと思うのですがいかがでしょう。
  1. 2017/01/02(月) 20:23:22 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

現実は、・・・

現実は、想定している事象のさらに下を逝く物です・・・
今の日本に必要なことわざ?かな
「Si Vis Pacem, Para Bellum」(平和を望むならば戦いに備えよ)

取り敢えず護身用に、UZI位欲しい所すねー(笑)
  1. 2017/01/09(月) 12:50:32 |
  2. URL |
  3. ko 研究所 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ieneko0908.blog.fc2.com/tb.php/303-9524434c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (8)
寝言 (15)
愚痴 (7)
何様語録 (287)
GOD (4)
しね (7)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。