穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

トイレの話

トイレの長い人はどんな具合なんでしょうね。

お出ましになるまでに時間がかかるのか、通過時間が長いのか。 後始末に時間がかかるのか。

またはすんごく長尺のブツなのか、ウサギのように控えめなのが何発も出るのか。

私の場合、催しても限界まで行かない。なので座ったらすぐに出る。 ややフライング気味の事もあるくらいだ。

そのギリギリのスリルが、あの非生産的な空間の滞在時間を極限まで短縮するのだ。


今日は小の方の話。

友人と話してる中で彼がこんなことを言った。

「俺 座ってする派だから尿跳ねの掃除が必要ない」

え・・・  座ってするの?

立って狙い打ちするのが男子の特権ではないか。

便器などがなければ、間違いなく可能な限り高い位置に砲身を向ける。 犬がそうであるようにね。


なんでも最近は、母親が男の子に座って小用をするように躾ける場合が多いとか。 

理由は一つ、尿跳ねの掃除をしたくないから。

お母さん、待って差し上げてください。 そのような理由で男児たる立小便に罪悪感を持たせてはいけない。

それにね、どこの調査だか忘れましたが、じつは尿跳ねは女子の方が多いのです。(着座時)

その跳ねたものは、便座の裏側あるいは自らの・・・ いやまあそういうことだ。



どうせ躾するなら「跳ねたらクイックルしなさい」の方が絶対に教育上良いはずだ。

そして我ら男子は知らん顔しないでフキフキする。


とはいえ、可能な限り跳ねの量は少なくしたい。 汚さないのが最大の防御だしね。

アメリカの研究ではおしっこが出たところ(尿道口)から12センチ以内に着弾させると跳ねにくいらしい。

こゆこと?
syou1.png


さらに真上からの方が跳ねが拡がらないらしい。

こゆこと?
syou2.png

まだ角度が浅いか。
syou3.png

ママを困らせたいならこれだ。
syou4.png



こんなに苦労するなら座ってしますよ。

このブログ内の画像は著作権フリーです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2017/03/15(水) 05:39:32|
  2. 何様語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<見えてきた筋書。 (いえねこ案) | ホーム | 予定狂いまくりで「聞いてないよ!」>>

コメント

めっちゃ笑ってしまいました。あのイラストは、いえねこ様直筆でしょうか?すごく分かりやすいです!
「汚したら、そうじする」で、いいですよね。そうじしないから、嫌がられるんでしょうけど。
まだ若かりしころ、職場のおばちゃんの一人が、「ウチのダンナ、座ってすんねん。○○○が、便器につけへんのかなと思うんやけど」と言ったら、他の全員のおばちゃんが「そんなに長いわけない!」と言いました(笑)
  1. 2017/03/15(水) 06:50:56 |
  2. URL |
  3. 馬場亜紀 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

以前テレビでその様な話を聞いた事がありました
その時は男性に座ってさせるなんてヒドイ・・・
まして子供にまで? いくらなんでも・・・と
掃除が大変だからと言うだけで座ってさせるなんて
でもよく考えたら 今ではどこの家でも男性様のトイレって見かけませんね。
ア~ 女で良かった (゚∀゚)

ビックリしました!
  1. 2017/03/15(水) 09:13:55 |
  2. URL |
  3. 青空 #-
  4. [ 編集 ]

w



わたしも大分前におトイレネタをエントリしたですよオモイダシタ!

んで。尻のロン …おしっこの跳びはねの完全な駆逐は無理ッ! と
  1. 2017/03/15(水) 09:23:52 |
  2. URL |
  3. ゆう。 @🍵なぅ #K4HMYyPE
  4. [ 編集 ]

馬場亜紀 様

コメントありがとうございます。
そうです。私の作品です。今のうちに名前を付けて保存しておけば、将来高値で取引されるかもしれません。
現物は見たことありませんが、ホームラン王の王さんのバットはそれはそれは立派なバットだったらしく、風呂場の椅子に座って体を洗っているとき、床に熱湯を流すと股間を押えて飛び跳ねたという逸話がございます。
そんなことはどーでもよくてw 最近では泡の力で尿跳ねを抑える便器なども発売されてますね。ですが私はこれにも否定的です。泡の立ち具合も健康管理のバロメーターですからね。同じ理由でブルーレットとか強烈な芳香剤にも否定的です。
ちなみにスタンプタイプの汚れ防止剤が売られていますが、悲しい男の性とでも申しましょうか、狙い打ちして洗い流してしまいメーカーが参考にしている効果の期間を全うしないという事案もあるとかないとか。
  1. 2017/03/15(水) 10:59:22 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

青空 様

初のコメント ありがとうございます。 とは言っても、頻繁に貴ブログに訪問させていただいている私としましては、昭和の歌謡曲同様に初めての気がしないのでございます。
男性用便器にもうんちくがございまして、大気圏突入のごとく、射出角度が浅ければ浅いほど尿跳ねが少ないそうですが、技術大国日本がユーザーまかせにしたままで良いのか?と言いたいのでございます。であれば、便器の正面、尿が当たる部分を男性が違和感なく射出する角度に合わせた最適なカントを付けておけば済むのではないかとTOTOに申し上げたいのでございます。ロッククライミングで言えばオーバーハングということになりますね。 ここで問題になるのは「流水」をいかがいたすということになるのですが、単純な話です。「そんなことはメーカーが考えなさい」なのでございます。
話は長くなりましたが、本文中にもあるとおり座りしょんべんにおいて跳ねの滴量は女性の方が多いことがわかっています。
つまり便座汚しの犯人は女性です。ギルティなのです。 ここまで男性にかけられた嫌疑と辱めを思いながら、便座を持ち上げ自らの痕跡を清めていただきたいのでございます。

  1. 2017/03/15(水) 11:14:55 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

ゆう様

コメントありがとうございます。
あなたから無理という言葉は聞きたくなかったのでございます。
たとえば直径10センチ程度のパイプが汚水管まで直結している構造物があったとして、それを小便器だと認定すれば、そっと愚息を差し入れて用を済ませれば解決でございます。 尿跳ねに対しては非常に衛生的になる反面、精神的衛生にはよろしくないという諸刃の剣でもあります。 では、これではどうでしょう。 幼き日、プールで尿意を感じた場合と同様。腰まで水に浸かる便器があれば完全無比の尿跳ね防止でございます。


あとでエントリーさがしてみるねw
  1. 2017/03/15(水) 11:22:43 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

oiraたちは右巻きですが

おはようございましゅ
わたしたちが住む北半球では
シッコは右巻きスクリュ-ですが
南半球ではこのシッコが逆に渦を巻くそうです

あんとき
チェックをすれば良かった

もう
赤道を越えることはなさそうですから
悔やまれます・・・
あはは。
  1. 2017/03/15(水) 19:18:28 |
  2. URL |
  3. はしびろこう・ウナ #-
  4. [ 編集 ]

ところがですね。

ウな様 コメントありがとうございます。
一般的に言われる渦の回転方向ですが、気流や潮流のように自転の影響は受けないらしいです。
つまり水栓の位置や排水溝の位置、容器の形状次第で右巻きにも左巻きにもなるそうです。

ちなみにですが私のつむじは左巻きなので「左巻きは変わり者」というのは正解のようですw
  1. 2017/03/15(水) 22:07:38 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ieneko0908.blog.fc2.com/tb.php/334-b13264cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (8)
寝言 (14)
愚痴 (7)
何様語録 (279)
GOD (4)
しね (7)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。