FC2ブログ

穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

辻元清美 プロローグ

徐々に明らかになってきた辻元清美の悪行。

さすがにマスコミもスルーできなくなってきたようですね。

まあ、少しずつチクチクやっていきましょう。


辻元清美  

1960年4月28日 奈良県吉野郡大淀町生まれ。

この出生地ですが、いわゆる部落です。 被差別部落かどうかはこれから調べますが、80年代にいろいろあったのは間違いないようです。

現状はただの集落の可能性もあるということ言うことにしておきます。


逮捕歴  

2004年2月 秘書給与1840万円を騙し取った詐欺罪の罪で、懲役2年・執行猶予5年の有罪判決。

逮捕後は口裏合わせをして証拠隠滅を図った事実及び詐欺容疑を全面的に認めた。
 
前科者です。血税をだまし取る輩に投票するヴァカなw 参政権剥奪でよろしい。

もしかすると、この一件を逆恨みして国家権力や政権を敵視するようになったのかもしれない。


参政前 

早稲田大学在学中1983年(昭和58年)、その前年に起きた歴史教科書問題に触発され、

アジア諸国と日本の交流の活性化を目的としたNGO「ピースボート」を設立した。

歴史教科書問題とは例の「侵略」か「進行」かで韓国と中国が大騒ぎしたアレ。

立場が変われば解釈も変わるでしょうにって話は置いといてw

なぜだか韓国・中国の主張に感化されちゃった清美ちゃん。 感化は個人の自由なのでいいのだが

意味が分からないのが旅客船を貸切にしてピースボートという現実逃避の企画を立ち上げる。

趣旨はご立派で地雷除去・枯葉剤被害者支援・貧困地にサッカーボール、野球用品を届ける・ガラパゴスの森再生など

ぜーーーんぶ募金で何とかしようという青臭いプロジェクトだ。

船の上でイマジン歌ってる暇があるなら働いて、その金を寄付すりゃいいだろうに。

ケチな話は言いたくないが、使われどころが曖昧な募金に汗水流して手に入れたお金をなぜに託さなきゃならんの?

また、国後島や北朝鮮への無断渡航や大麻密輸事件も起こしている。

さらに、「ソマリア沖海賊対策の海上自衛隊派遣反対」を掲げていながら

ソマリア沖アデン湾の航行では海上自衛隊に護衛を依頼するという、このころからのブーメラン体質。

「ピースボートが海自に護衛を直接依頼したのではない」と主張していますが、海賊舐めてるだろw 

それとも、九条九条と念仏唱えてれば攻撃されないと思っていたのか。

船長以下船員たちからすれば「おまえらと心中する気はない」といったところだろう。

それからね、私は聞きたいのだ。 ピースボートでいくら儲けたん?






ここまでの経歴だけでも、なぜ議員でいられるのかわけがわからない。

つぎは黒い繋がりについて、ちょっとずつ書いていきます。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2017/03/31(金) 06:28:51|
  2. 何様語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<男と女 | ホーム | 経験則>>

コメント

はじめまして

突然のメッセージをお許しくださいませ。

大淀町は全てが全て、被差別部落というわけではございません。しかしながら、朝鮮人や被差別部落民と呼ばれる方々が多く住んで居られることも事実でございます。かつての県営住宅は払い下げされ、今では風景も変わっておりますが、住んで居られる人々の暖かさは変わらぬことと信じております。

うちの社長さまのお母さまも、大宇陀の藤井というところの大地主のご出生でございましたが、大東亜戦争敗戦後の農地改革によって土地を奪われ、この大淀町に流れ着いたものとお聞きいたしております。社長さまも幼少の頃より、こちらに度々行かれておられましたゆえ、思い出深い地であると仰っておられます。大淀も広いということでございますね。

ちなみに大阪府松原市も、ご存知ない方々は全てが被差別部落と思っておられるようでございますね。出生地による差別は決してゆるされることではございません。社長さまは「へえ、そうなんか。別に、かめへんがな。差別なんかするヤツが悪いんや」と笑っておられます。

根本にございます穢れ思想をも含めて、我が国の汚点として改善してゆくべき事柄でございましょう。
  1. 2017/11/15(水) 18:34:23 |
  2. URL |
  3. わにまろ #2R3.tVTY
  4. [ 編集 ]

わにまろ様

コメントありがとうございます。
まずご理解いただきたいのが、「部落=被差別」という定義は私自身否定しております。たとえば朝鮮部落ですが、東京都内で言えば新大久保地域などは観光地化したこともありますしね。その他三河島や八広など朝鮮部落は今でも存在しますが、それを気にする人間はほぼいませんし町の一部として機能しております。差別という意味では地方のほうがはっきりとしている印象ですね。
この記事で部落についてピックアップしているのは、なんといいますか辻元の日本国に対する敵対心のようなものと同和問題のベクトルが似ているからです。あるいは見当違いかもしれません。ビンゴかもしれません。現段階ではそうとしか言いようがありません。

もう一つ言わせていただきますが、差別を受けている朝鮮部落の多くは不法占拠という問題がセットになっているように感じます。正常な手続きを踏まずに戦後のドサクサに紛れて勝手に棲みついたことに対する抗議を「差別」という言葉にすり替えて騒いでいる場合が多いのでは?「差別するほうが悪い」その通りです。社長様は正論を言っております。ですが焦点が違うのです。問題は不法占拠や特権をうやむやにしてきた地方自治との癒着など根が深いのです。

同じ民族が集まるコミュニティーと部落とでは根本が違うということですね。
  1. 2017/11/15(水) 19:16:13 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

出資もとは?

「清」という字に妙な違和感を覚えつつ

そもそも、活動資金源はどこに?

国会議事堂の前でお祭りドンドンで騒いだSEALDs
朝日毎日などの意見広告代などおよそ2~3億円くらい?

募金?
 ウソ!
資金源の核は、赤旗?
例の、赤旗ロンダリング。人民元などによる常套手段
不動産や株の取得にもダミーの企業を使って

N-Korea系資金も。
 ここは、パチンコ系商社からも
 モランボンなどは、どうなのかしら? あそこはN-Koreaのエリンギ坊やに怒ってるみたいですけど。

辻元様の活動も、洗浄された人民元などが?

でも、怪しい私設秘書は、利権に絡む自民党議員がいちばん多いとも
戦後に巨大は組織に発展した宗教や、怪しげな企業
そして、
人民元に支配されたひとたちも。

秘書は本国から給与を支給されますから、公的経費は議員のポケットに
一時期、S-Koreaのキリスト教系詐欺的宗教が、100名を超す秘書を?

美人が多く
とか。
ホントかどうか、わからないお話。

  1. 2018/10/27(土) 09:06:59 |
  2. URL |
  3. Mrs.Pie #vDT9Vm1A
  4. [ 編集 ]

Mrs.PIE様

コメントありがとうございます。
初期の資金はピースボートに尽きるでしょうね。あのあからさまな反日思想でも現役議員を続けられるのは、現実逃避した夢追い人の琴線に触れるワードを生みだせる才能があるからで、この部分に関してだけは一目置いているのでございます。
さて、まんまと参政したきよみちゃんですが、立場を維持するのは大変だったようで記事にもある秘書費横領という小物っぷり。それでもまた議員の席を取り返した根性とトチ狂った支援者には脱帽なのでございます。
そしてそして、現在の資金と言えば言わずと知れた人権問題。その集大成が生コンというわけですね。
ひとつとしてまともな資金ではありませんね。これを民間人がすると反社会的と呼ばれ、集団化すると暴力団なんて呼ばれちゃいますね。
  1. 2018/10/27(土) 17:08:40 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ieneko0908.blog.fc2.com/tb.php/342-5ad1f75a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (9)
寝言 (15)
愚痴 (7)
何様語録 (335)
GOD (4)
しね (7)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。