FC2ブログ

穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

さくら さくら

りあんだー

コリアンダー 別名パクチー  シャンツァイ

コリアンダーとはカメムシの意味。  

こんなもの食べ物ではない。 以上。



桜の起源


今週末あたりが見ごろでしょうか。 

来週末にはほとんど散ってしまうかな。


この季節になると必ず遠くで聞こえてきます。

「桜の起源は韓国ニダ」<`∀´>っ


日本では「また言ってるよ」程度なのですが、アチラではそりゃもう大騒ぎするのです。

この起源説。 なんでこんなことになっているのか。


戦後間もなくからチラホラと起源を主張する声はあったようです。

それでも桜は日本の花という意識が強かった。

で、何をするかというと「切り倒す」<`∀´>っ

憎き日本の花ですからね。


鼻が咲いてりゃ見に行く、きれいだから見て楽しむ。

そんな単純なことも弾圧される時代が1990年代まで続いた。

韓国人にとって花見は悪いとこだったのだ。


でもね、春が来て温かくなるのと同時に満開になる桜。

日本の象徴であると同時に春の象徴でもある。

「このウキウキをどうすればいい。桜は韓国が起源にしてしまえばいいニダ」<`∀´>っ

大発明である。  これで安心して花見ができるようになりました。



彼らはいつも反対車線を突っ走る。

桜の起源なんて関係ない。 その名所や銘木のあるところへ出向き

花を楽しんだり、茣蓙をしいてお弁当を食べたり

そのゆったりとした時間を贅沢として楽しむ文化が「花見」なのだ。

韓国人が花見を楽しんでいたとて、日本からすれば「ね いいもんでしょ?」くらいな意識。

寿司食うにも寿司は韓国起源、キムタクのドラマ見るにもキムタクは在日。

めんどくさいにもほどがあるのでございます。


亀有に泥を塗る男


亀有と言えばこち亀てなくらい有名。

そのアニメ版の声を担当していたのがラサール石井

で、その石井がツイートで炎上って話。

“麻生大臣や桜田大臣の度重なる失言、そしてイチロー氏の韓国ヘイト発言問題。「差別意識があった」とか「意識が低い」というより、そもそも「意識がなかった」のだ。何故なら、多面的に物事を考えるような環境で育ってこなかったから。そしてそれを無知だと恥じる事も必要なかったから。”



度重なる失言ってw

“「浅田真央ちゃんは早く彼氏を作るべき。エッチしなきゃミキティやキムヨナには勝てないよ。棒っ切れが滑ってるみたい。女になって表現力を身に付けて欲しい。オリンピックまでにガッツリとことん!これは大事」

ライバルのキム・ヨナ選手や安藤美姫選手は、表現力が高いとされる。二人に対抗するには、恋愛経験を積んで大人の女性にならなければいけない”


これらは石井の失言。

「その時点で個に集中してストイックに練習に打ち込み乗り切るか、日常は日常で切り離し普通の生活を送ることで乗り切るか、二つに別れるとすれば、私は後者を支持したい。恋愛もsexも人間には欠くべからざる行為だ。そういった日常の発露としてアートやスポーツもあるものだと私は思っているからだ」


これも石井の発言。

オリンピックのメダリストに対して何を? 

まあいい。 話を戻す。

多面性には多面性の 一点集中にはそれの良いところも悪いところもある。

石井の口調では多面性を善しとしているのだろうが、あの時のイチローが言った「今度ばかりは・・・」の意味。

その言葉に一点集中しちゃって、多面的性を欠如しているのは石井自身だ。

野球の母国における野球の在り方と、マウンドに国旗を突き立てて去るという態度。

これに対して怒りを燃やしているのだと、人国民ならみんな理解してると思ってたよ、俺は。

ちなみにメジャーではストライク獲ってもピッチャーは淡々と投げ続けるし

ホームラン撃っても、本塁に戻るまでは手を上げることすらしない。

これは対戦相手に対する礼儀なのだそう。

マウンドに旗突き刺すのがどれだけ無礼かよくわかる。



ジュゴン


昔新宿に「ジュゴンさん」っていうオカマさんがいてね

その話はまた別の機会に。

辺野古に住んでいると言われているジュゴンが死んで打ち上げられていたと。
D17UWBsUkAAezLO.jpg

当然、奴らは騒ぐわけです。 「埋め立てのせいで死んだ!」とね。

死因については現在調査中と言っても「関係ない。 埋立が原因に決まってる!」とさらにヒートアップ。


ところが、あるまとめサイトが「ジュゴンは左翼が撲殺した」という情報を流した途端

左翼は「死因はまだわかっていない」とオスワリした。

そのまま死ぬまでマテ。

タロちゃんが小沢先生に吹き込まれて、基地は出ていけとか、サンゴが死ぬーとか騒いで

プロ市民が辺野古周辺に人間バリケードで誰も立ち入れないようにしている間に

その小沢先生は周辺の土地をせっせと買占め。

売却すれば税金で持っていかれるが、国へ貸出なら? 自動資産製造機の完成である。

さらに残り少ない白砂のビーチ。

海岸を買うことはできない。 ので、周辺を取り囲むように土地を買う。 そして駐車場として届け出て

実質ビーチには入れなくしてしまう。 そしてリゾート開発が始まるとどうするでしょう。

そうです「貸す」のです。 絶対に売らない。ちょっとでも通り道を作ってしまったら負けなのだ。


ちなみにこれから先10年。辺野古周辺はとんでもなく潤う。

まず普天間からの移転者が多数発生。米軍相手に商売してりゃ、ついていくしかない。

移転先は小沢先生の土地を借りて建てる。 

タロさんは気付かない。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2019/03/28(木) 02:58:36|
  2. 何様語録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<タンス貯金 | ホーム | 赤い羽根>>

コメント

ラサール石井、そんなことをぬかしやがってたんですね。。知りませんでした。。
真央ちゃんやイチローの崇高とも言える清潔で日本人らしい一途な雰囲気が嫌いでたまらないのでしょう。
安藤やキム、つまりラサールたちのところまで引きずり降ろして泥まみれにしたくてたまらない。まるでかの国。
ああ、わかった。なんでもかんでも日本にあるものの起源をいいだすのも同じ根っこだ。

小沢一郎(笑)こいつも同じだ。汚らしい手で沖縄の美しい土地を汚すんじゃないよ!
  1. 2019/03/30(土) 05:06:42 |
  2. URL |
  3. ROM #RS4k0RpE
  4. [ 編集 ]

まあ個人の感想ですからね。何を言っても自分で責任のとれる範疇ならばいいとおもいます。
しかしながら、国民栄誉賞も確実視されている彼です。引退後もアメリカが返してくれません。そのようなレベルの人に「疲れ様」の一言も言えないアナルサイズということを全国に露呈したわけです。
というかw 言いたかったのは石井自身も「こち亀の両さん」という国民的コミックのキャラクターをある意味背負っているのです。それはまったっく別問題だなんて言わせません。ちょっとした失言から不倫騒動や大麻事件まで、やらかした責任でCMを放送中止にした芸能人はいっぱいいるわけで、そこには商品というキャラクターを背負うと言う責任がありそれが義務なわけです。 そう、これを言いたかったのに本文ですっかり抜けていますw

沖縄:本当に問題に直面してる人なんてほんの一握り。騒いでるほとんどは「自亻ヱ隊」とか意味不明の言語を使うやつらです。ウージの森を伐採してホテルを建てても文句言わないのに「@へんなのー@」です。
  1. 2019/03/30(土) 17:32:21 |
  2. URL |
  3. いえねこ #-
  4. [ 編集 ]

突然唐突ですが、
「千羽鶴。最速・最高齢の奉納祈願旅」へのチャレンジ
https://camp-fire.jp/projects/view/140532#sp-return
協力・支援のお願い書き込みでした。お邪魔しましたがヨロシクです。
  1. 2019/04/04(木) 14:42:05 |
  2. URL |
  3. 遊助320 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ieneko0908.blog.fc2.com/tb.php/439-9960f262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (12)
寝言 (15)
愚痴 (7)
何様語録 (368)
GOD (4)
しね (7)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。