FC2ブログ

穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

死について

米FOXニュースのレポート。

「日本政府の統計によると、いじめや学校でのプレッシャーにより、
 日本の若者の自殺率は過去30年間で最高となった。
 その中で宮原牧師は、厳しい統計を変える答えが自分にはあると信じている。

 牧師は、イエスの愛が、絶望的な若者が真実の希望を見つける手助けをし、
 そして、彼らに生きる理由を与えることによって、
 日本の問題を解決出来ると考えているのだ。

 日本のキリスト教徒は人口の1パーセント未満であるため、
 牧師は人々が日曜日に彼の教会に向かうように、
 毎日駅前に立ち、いいニュースをシェアしている。

 宮原牧師は取材に対してこう語る。
 『集団の中にいる事は、日本の文化では重要なのです。
  だからこそ、見た目が違う子供はいじめられてしまいます』

 彼の目標は、希望のない場所で希望を与える事だ。
 日本では宗教が、目的ではなく家族的な伝統として捉えられている、
 世界で最も世俗的な国の1つなのである」



つまりイジメやプレッシャーに日本人が弱いのはキリスト教徒じゃないからなんですね。
ふぁっきゅーめーんwwwww

果てしなく大きなお世話なのだ。

苛めを苦に自殺しない代わりに教室でマシンガンぶっ放しちゃう国家に言われたくない。

しかもすぐにパニックに陥るのはあんたらの方だし、オーマイガーなんて他力本願の悲鳴などあげないのだ。


しかし相変わらずのキリスト教思考。

キリスト像も脳内変換してジョンレノンみたいな風情になってるし

助けてくれたり試してみたり、ある時はほぼ全滅にしてみたりと気まぐれもいいところだ。

そもそもあんたらが余計な世界進出を目論まなければ、日本は300年以上内戦もなく

平和な時代を送っていたのでございます。


さて、この記事。 やはりねというか例によってというかバプテスト教会の痛い思い込みが元のようです。

もうね韓国臭しかしないのでございます。

居てもいいから黙ってろ。ということなのでございます。








ひとりごと。

まあ、全部ひとりごとなんですけどね。
私のブログを欠かさず見に来てくれ、たまに的確なご意見をいただき
暴走気味のわたくしをそっと抑えてくれていたハシビロコウ・ウナさん。
去年、お亡くなりになっていたと昨日知りました。

なんでしょうこの気持ちのモヤモヤは。
10か月も知らぬままの自分に嫌悪感すら感じます。

酔いどれさんだったからね、湿っぽいのは嫌がるだろうさ。
ちゃんと土に還って、はやく生まれ変わっておいで。
人間が人間らしく暮らしてるうちにね。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2020/03/12(木) 00:06:12|
  2. 寝言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いまさらコロナ。 | ホーム | 能力者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ieneko0908.blog.fc2.com/tb.php/450-8f3d08f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (12)
寝言 (24)
愚痴 (7)
何様語録 (384)
GOD (4)
しね (8)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。