FC2ブログ

穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

セウォル号

まず最初に未来のある子供たちが犠牲になったことに対し、心からご冥福を祈りたい。


いつになったら引き揚げるのでしょう。

引き揚げ事業の入札から日本は排除されたようですが

自国に引き上げ技術がないなら確実にできる海外企業に委託するしかないでしょうに。

ネットではいろんな憶測が飛び交っています。

戦略的海域なので仮想敵国の日本に立ち入らせたくないとか

核廃棄物を違法輸送してたとか

はたまた核兵器用のプルトニウムを積んでいたとかw

どれもちがうな。

本質はこうだと思う。

知られている通り、元は日本で製造されて後に韓国へ売り渡された船舶。

そこに得意の魔改造を施した。

さらにバラスト注水が不完全であったこと。

つまり転覆のリスクを承知で積載量を過剰に増やす行為が慣例だった。

ここまでは経営責任や運航責任を誰かが負えば済むこと。

じゃあなんで国ぐるみで何かを隠してるのか?

保険である。

英国ロイズ保険は重過失を理由に保険金の支払いを拒否する可能性を示唆している。

明確な過失の証拠が出てくれば保険金はまず支払われない。


海上保険の重過失に対する対応は当たり前のこと。

廃船にする船を故意に沈めて解体費用を回避しつつ保険金も受け取るなんてこともできてしまうからだ。


韓国政府は英国に交渉団を送り込んだらしいが、まあ無駄でしょう。

無駄というか、自分たちの理屈は世界に通用しないと肌で感じていても引っ込みがつかない国民性。

世論で揺れ動く法律。 支持率ばかり気にする政治体質。


ロイズ保険の社屋前にはセ号の銅像が建てられるかもしれんね。

そしてこの恨みは半万年続く。


まあとにかくだ、陰謀的なことが好きな人には悪いが 

真相は単純。 国を巻き込んで保険金をむしり取ろうとしているだけ。

だから不都合な証拠は海の底に沈んでいたほうがいいのだ。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2015/04/29(水) 07:30:37|
  2. 何様語録
  3. | コメント:0
<<first blood | ホーム | 鑑定士と顔のない依頼人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (12)
寝言 (24)
愚痴 (7)
何様語録 (384)
GOD (4)
しね (8)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。