FC2ブログ

穴掘って吠えるでござる

思っていることを適当に書き溜めして、1年後に恥ずかしい思いをするためのブログである。

仮想敵国

韓国がなんで日本を仮想敵国としているかって話。

なんか最近、嫌韓ブログみたいになってきちゃいましたがw

かの国の迷走があまりにもひどいのでネタにしやすい。

当然、被害者は韓国民だ。


で、お題の仮想敵国。

違和感あるよね。 書面上では友好国になってるわけで干渉しないってくらいならいいのだが

敵国としてシミュレーションしてるわけでしょ?

なんでやねんって話だ。


ひとつは竹島問題だろうな。

あんなちっこい岩礁で意地張ってる。

朝鮮人の歴史上、侵略して実効支配したのはあの岩礁が初めて。

だから拘っちゃう。  まあ方法としてはロシア並の姑息な手段だったのだけれどね。

本質的には後ろめたい。だからビクビクしてる。

日本が証拠固めして国際裁判に引っ張り出そうとしてるのも知ってる。

もしかしたら巡洋艦に囲まれて強引に取り返されちゃうかもしれない。

そのくらいビビってる。  だから騒いでるのだ。



もうひとつ、やっぱこれだなと思うのは中国との関係。

中国との関係が密になるにつれて、日本バッシングも熱くなってきている。

いつも思うがあの2国はわかりやすい。

つまり、日米韓の関係にケツをまくる気満々なのだ。

そうすると日米同盟VS中韓同盟という図式になる。

先日の記事にも書いたが中国海軍が韓国の港に寄港することになる。

そうなれば有事の際、韓国が戦火を免れることは不可能。

だから日本の防衛力(戦力)が気になって仕方ないのだ。


アメちゃんは商売として武器輸出してるけど技術提供はしないよね。

当たり前だ。右左違う靴を履いてる国なんて信用できない。

経済だけ中国に依存して軍事的には米側に守ってもらおうなんて普通にバカだ。

そしてAIIB不参加がこの件についての意思表示である。

アメリカもあからさまに日本びいきを始めている。


さらに面白いのは北朝鮮という存在。

もし仮に韓国周辺で紛争が起こったら、北はどうするだろうね?

日本が「臨時で経済援助しましょう」とか言い出したら、喜んでテポドン使うでしょう。

先手を打って中国が金をばらまくかもしれない。

そうなったとしてもあのカリアゲ君のメンツはいかがいたすのだろう。

艦船は持ってないから陸をすすむでしょ?

韓国を通過して南下しないとなにもできない。

だから仲直りするしかないわな。 でどっちが兄だ弟だの話になる。彼ら好きだからね順位決めるのw

カリアゲ君は仮にも核武装国の組長だからねぇ。

そして韓国と同じで中国がバック。

中国の立場も微妙になる。 黙って言うこと聞けってわけにもいかないでしょ。

核という基地外に刃物なのだから。


さらにあり得るのは、北方四島というカードを持ったロシアだ。

島は返す。だから俺も混ぜてくれ。 言いそうだw

北はロシア南は日本が統治。もしくは北方四島をカードに半島はちょーだい言ってくるかもね。

日本が戦争に巻き込まれるとしたら台湾 フィリピン タイ インドあたりも黙ってないかもね。



こんなおっさんが予測できちゃうような最悪のシナリオ。

国の首脳陣が想定してないわけがない。

だれがどー考えても存亡の危機にあるのは韓国だけ。


後処理を日本にぶん投げられそうで怖いわ。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

  1. 2015/04/30(木) 12:17:37|
  2. 何様語録
  3. | コメント:0
<<ぐんまー | ホーム | Beat it>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ翻訳

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

プロフィール

いえねこ

Author:いえねこ
苦情歓迎。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

ポチっとおねがい



ニュース全般 ブログランキングへ





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (3)
未分類 (12)
寝言 (24)
愚痴 (7)
何様語録 (384)
GOD (4)
しね (8)
政策シリーズ (4)
vs (3)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログのポリシー

◆記事内容に対するご意見 反論 指摘など大歓迎です。 ◆足跡の残ったブログ様には遅くなっても必ず訪問させていただきます。 ◆読ませていただいた記事には、たとえ自分と違う考え方だとしても敬意をこめてポチしてます。 ◆極端に攻撃的な記事や自分の意見が書いていない記事に対してはポチしないことがあります。 ◆このブログはリンクフリーです。ただし一言いただけないと、お礼訪問ができません。なので一声おねがいします。 ◆広告目的のリンクはお断りすることがあります。